浅葱色・浅黄色 (あさぎいろ)
ホームやまとの彩>浅葱色・浅黄色(あさぎいろ) 前ページ次ページ
 浅葱色・浅黄色 (あさぎいろ)
 R G B   ( 0  140   157 )
 C M Y K   ( 85  20  30  11 )
薄い葱の葉の色の意。古くは、「浅黄」と書き、薄い黄色をも言った。あざやかな緑みの青。など、色合いについては古来諸説が入り乱れている。平安時代藍を薄く染めた色として、しばしば平安文学に登場する。

江戸時代には「浅葱」も一般的な色になり、浅葱で染めた木綿は丈夫で実用的で、一時は庶民の間では広く使われていたが、さらに丈夫で、汚れの目立たない紺木綿が流行になっていく。ところが、江戸庶民が「浅葱木綿」を余り使わなくなっても、地方からの侍たちは羽織裏などに使い続けていたため、田舎侍の事を「浅黄裏」と呼び、また一般に野暮で不粋で、遊里で持てない好色な男の事も呼ばれていた。

浅葱色をさらに薄くした色を「水浅葱」と言い、江戸時代囚人の服を言った。
与力や同心は朱色の房の十手を使っていたが、八州廻りの役人が持つ十手には、紫か浅葱色の房が付いていた。そのような視点で時代劇を見るとまた違った面白さに出会える。

「襟巻きの浅黄にのこる寒さかな」   俳諧・夜半叟句集




やまとの彩に戻る