桜色  (さくらいろ)
ホームやまとの彩>桜色(さくらいろ) 前ページ次ページ
 桜色  (さくらいろ)
 R G B     ( 253   226   226 )
 C M Y K   ( 0   13    5    0  )
「願はくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月のころ」西行法師

いつからだろう桜の花がいとおしく、3月に入るとソワソワと今年の開花はいつ頃になるのだろかとまるで恋人に逢う様な想いを抱くようになったのは。桜にはそんな不思議な魅力がある。新学期、年度始まりが桜の開花時期と重なり合って、事の始まりの新鮮な気持ちを重ねる習慣は物心ついた頃よりある。開花時期が短い事や散り方が潔いと言う事も日本人の精神的な象徴であった。

万葉の時代には桜より梅が歌には多く詠まれていた。梅は遣唐使が薬用として持ち帰り、当時中国文化を理想としていた日本にとっては梅の存在は重要であった。その後遣唐使の廃止以降、独自の文化を形成していく上で中国的な花ではなく日本固有の花が好まれ梅と桜は交代し、平安後期に入ると宮廷では梅よりも桜が好まれるようになった。「新古今和歌集」の時代になると更にこの傾向が強くなり、西行法師の「山家集」には百首に余る歌が詠まれるようになり、「平家物語」では若い平家の公家の死を世の無常と結びつける考え方を桜に重ねて詠んだ歌が見られるようになり、武器や絵巻物の装飾にも桜が施されるようになった。この頃から花というと桜を指すようになったが、「染井吉野」ではなく「山桜」の事を言った。

日本人の桜への想いは桓武天皇が御所の前庭の梅樹のあった所に吉野より取り寄せた桜を植えた事から始まった。花見は上流社会の文化だったが庶民が花見に熱狂するようになったのは江戸時代からである。江戸の桜は花好きな将軍、家康・秀忠・家光によって奈良県の吉野山から移植されたもので、参勤交代で江戸は品種交流の場ともなって数々の桜の名所が出来、花見が一般化していった。「染井吉野」は江戸時代末期の現在の東京染井(豊島区巣鴨)の植木屋が売り出した桜である。

平安時代の「桜色」という色名は染料としてではなく、むしろ合色目の名称である。表に透けた生絹に裏に紅花か蘇芳などの赤を透光させて、桜の印象を抽象的に表現した色名であった。紅花や紫が染料植物として詠まれた事に比べて桜は春の訪れや、その喜びを詠むという傾向が強く、色彩感はさほど強くなかったのではないだろうかと言われている、しかし微妙な色の組み合わせを楽しむ平安の人々の優雅さをこの桜色からうかがい知れる。




やまとの彩に戻る