露草色 (つゆくさいろ)
ホームやまとの彩>露草色(つゆくさいろ) 前ページ次ページ
 露草色 (つゆくさいろ)
  R G B    ( 0   138   205 )
  C M Y K  ( 88  33  0   0  )
ツユクサは別名アオバナ(青花)ボウシバナ(帽子花)と呼ばれる一年草で夏青紫色の小さな花が咲き一日でしおれる。
日本の青い花の代表とされていた花であった。

露草色は本来は露草の花で染めた色を示すが、現在では花の色そのもののような鮮やかな青を露草色としている。古来、露草の花の色素を水に溶かし、それを布に移して染めたところから「移し色」と呼ばれた。また花をじかに布に摺り付けて染めたりする「摺染め」が用いられていた。そのため露草は着草(つきくさ)と呼ばれたり、「月草」「鴨頭草」「蛍草」の名前で呼ばれるなど、様々な呼称が残っている。

万葉集にも多く歌われているが、露草で染めた色はすぐに落ちてしまうことから、移ろいやすい心と重ねて表現される事が多い。現在はその退色性を利用して、友禅染の下描きに用いられている。

「月草に衣そ染むる君がため染色衣すらむと思ひて」  万葉集より 




やまとの彩に戻る