緑色 (みどりいろ)
ホームやまとの彩>緑色(みどりいろ) 前ページ次ページ
 緑色 (みどりいろ)
 R G B     ( 0   153   0 )
 C M Y K   ( 84  13  100  3 )
花々の色を鮮やかに美しく見せてくれるのは葉の緑色があるからではないだろうか。その対比の色の美しさが互いを引き立たせ合っているように思う。

緑色と言われた時のイメージする色は人によって微妙に異なるほど総称的な色名として用いられている。もともと天然の植物染料には、純粋な緑色は無く、藍と刈安などの青と黄色を混ぜて緑色を作る。その割合により黄味がかった萌黄や青味がかった浅葱など、草色、柳色、苔色など多様な色が生まれたことは以前にも紹介済みである。

古代では寒色系統を総括的に「アオ」と呼んでいた。草木の緑系統の色も「アオ」であった。それは以前古代日本人の色彩は光から認識していったという事に触れたが、赤、青、白、黒の4色から来ている事から、緑色は青の一部であったのだろう。面白い事にマヤ族も青と緑を区別しないようだ。

それでは緑という言葉は何処から来たのだろうか。いくつか説があるが、かわせみの古名は「そにどり」というが、この鳥の羽は緑色で大変美しく、「そにどり」が「にどり」となり「みどり」に転訛していったと言う説と、もともと「瑞々しい(みずみずしい)」と関連する語で、新芽の事を言い、「みず」が「みど」に変化して緑と言う色名が出来たと言う説もある。

このように新鮮で美しく、光沢があって若々しいと言う事から、大和、奈良時代から乳幼児を「みどりご」と言うようになったり、また黒くつやのある意味として「緑の黒髪」のような言い方もした。

緑色は平安時代になっても通俗的には「アオ」と呼ばれ、木の芽や若葉の色に萌黄という色名を用いる事が多く、緑色は「万葉集」「延喜式」の中には見られるが、用いられる事は少なかったようだ。

「春は萌え夏は緑に紅のしみ色に見ゆる秋の山かも」「万葉集」




やまとの彩に戻る