八甲田・白神山地(津軽森・二つ森)
ホームフォトウォーク>八甲田・白神山地(津軽森・二つ森) 前ページ次ページ

下毛無岱/八甲田(青森)

物画の仲間と秋の白神と八甲田の散策をしました。春にガイドして頂いた牧田先生に今回も先生のフィールドを案内して頂きました。
初日、青森へは飛行機で朝8時半ごろ到着し、そのまま八甲田ロープウェーで山頂まで行き、本来なら2時間半くらいで酸ヶ湯温泉まで下山出来るところ5時間近くかけて植物を観察しながらのんびりと下りました。上毛無岱から280段の階段を下りながら眺める下毛無の広大な見晴らしは心に焼きつき、出来る事ならまた違う季節に再び訪れてみたいと思いました。

八甲田ロープウェー

チシマザサ

アオモリトドマツ

小火口により出来た沼

上毛無岱の木道

下毛無岱を望む

ミヤマナラ

草紅葉

草紅葉

酸ヶ湯温泉

記念撮影







津軽森

津軽森見晴台へは1時間半くらいで登る事ができます。植物観察しながらのハイキングですからいつもたっぷりと時間を取って頂いています。ブナ林の中を歩く快感は一体どこから来るのでしょうか。時期的に、花は少ないものの、実が色づいているものや、名前も分からないキノコ類がたくさん生えていて、秋でしか楽しめない景色がここにはありました。
ヤマブドウの葉の複雑な色をかもし出す紅葉を見つけるたびに皆さん歓喜の声を上げ少々興奮気味でした。

津軽森へ

ブナノキ

ドクベニダケ

マルバマンサクの紅葉

ツクバネソウの実

ニホンカナヘビ

フキバッタ

ダケカンバやウダイカンバ

ヤマブドウの紅葉

植物観察しながら







二ッ森からの眺め(チシマザサとナナカマド)

世界遺産二ッ森は日本海側の季節風を受ける日本海型ブナ原生林があるところです。1086,2メートルの山頂は高い木は無く、チシマザサと低木のナナカマドの赤い実が秋空の青さにまぶしく映し出されていました。人とすれ違うのもやっとの細い山道をチシマザサを掻き分け、山頂まで息を切らしながら登っていきました。八甲田の紅葉はすでに終わりに近かったですが、この二ッ森周辺はこれから秋が深まっていくようです。

チシマザサの中を

狭い山道

ブナ林

ブナの木

ツリガネダケ

二ッ森頂上から





その他の風景

夜明けの五能線

行合岬からの夕日

稲干し

稲干し

わら焼き

八森漁港(秋田)

イカ釣り漁船(秋田)

八森漁港(秋田)



ページトップへ