河口湖&西湖
ホームフォトウォーク>河口湖&西湖 前ページ次ページ

富士山


長と言ってもあちらではなく、今年は順番に回ってきた自治会のお役を務めています。夏祭り・スポーツ大会と一年何かにつけて地域活動の参加が多い年になっています。

自治会の親睦バスツアーに母と一緒に初めて参加しました。行き先が河口湖畔にある富士ビューホテルとあり、以前から旅番組を楽しみに見ている母情報では、このホテルの庭が大変広く富士山が見えて是非行きたい場所だとの事で参加希望しました。

バスの中では子供が小学校だった頃、PTA活動でご一緒した数人の懐かしいお顔を見ることも出来き、飲んだり唄ったりクイズをしたり賑やかなバスツアでした。

河口湖にある富士山レーダードームの見学と歴史資料館に隣接している茅葺き屋根の民家・富士ビューホテルでの昼食会・西湖いやしの里(かやぶき集落)と晩秋の富士山の近くをぐるっと急ぎ足で回って来ました。

今回は本来の紅葉らしい鮮やかな色合いのもみじに出合えました。

かやぶき屋根の民家

民家内の道具掛け

民家

民家

民家

紅葉

紅葉

紅葉

紅葉

紅葉

紅葉

紅葉

ページトップへ





しく茅葺き屋根の民家が2006年7月に建てられたそうです。西湖の近く根場(ねんば)と言う所には昔から集落があったそうですが、昭和41年の台風でほとんどの家が崩壊し、人々も別の所に移り住み集落も崩壊してしまったそうです。

今現在16棟の新しい茅葺き屋根の民家が建っていますが、予定としては20棟以上を再構築して行く予定だそうです。
それぞれの館では陶芸を楽しんだり、明治時代からの雛人形や吊るし雛を展示してあったり、手打ち蕎麦が食べられるお店になっています。

富士山がくっきりと壮大な姿を見せ、のどかでなんだか懐かしい感じのする場所です。実際にはこのような茅葺き屋根の家で生活したことはありませんが、縁側や土間など、子供の頃の記憶の中にあります。このようなスペースが人の心のゆとりにつながっていたのかも知れません。いまでは贅沢な空間です。

富士山が大好きです。出来ることなら富士山の見える所に住めたら良いなあといつも思っていますが・・・

       西湖いやしの里(根場地区)

いやしの里から望む富士山

古い民家

新しい民家


縁側

吊るし雛の店

吊るし雛店内

軒下

看板

天日干しの保存食

水車

富士山

ページトップへ