白神山地&十二湖・植物観察
ホームフォトウォーク>白神山地&十二湖・植物観察 前ページ次ページ

くろくまの滝


今回お世話になったマタギ舎のサイトをご紹介します
白神マタギ舎


昨年の秋、偶然にも、マタギ舎の牧田先生のガイドで紅葉の白神山地を散策する機会がありました。
その折、先生から春の白神は花がたくさん咲き、紅葉とは違った新緑の美しい白神の話を伺い、その時から是非一度春の白神に訪れたいと思っていた。

その話をたまたま植物画の仲間にした所、是非一緒に参加したいと話がまとまり、11人のメンバーで3月頃より旅行の計画を立て始めました。

旅行会社のツアーとは違い、白神を良く知る方の案内でしたから、少し奥まで入ることができました。

全員初体験の沢歩きも怖々でしたが、大いに楽しむことが出来き、沢歩きの気持ちよさにむしろ癖になりそう!と思ったほどでした。

新緑の中での植物観察では初めて出会う植物も多く、牧田先生の丁寧な説明とボタニカルグループの人たちの質問で、ゆったりと時間が過ぎていきました。

雑念も無く、ただ自然と向き合っているだけの時間。
このまま時間が止まり、爽やかのブナの新緑の中にずっといられたら良いのにと思いながら、至福の時を過ごさせていただきました。

ふきをかき分け

沢歩き

鍋倉沢

鍋倉沢と大川の合流点

大川の沢
新緑の中を散策
新緑の中の散策

ユキザサ

ヤマブドウ

フキのわたげ

タチツボスミレ

マタギ小屋

キクザキイチゲ

シラネアオイ

タムシバ

マイズルソウとエゾハルゼミ

オオカメノキ

サンカヨウ

ヤマアカガエル

ミヤマカタバミ

ヒトリシズカ

クロモジ

トチノキ

オドリコソウ

マザーツリー

ブナノキ

ブナノキ

クロクマの滝

クロクマの滝

マザーツリーの下で記念撮影

ページトップへ



白神に一度訪れた時から、なぜかまたすぐに行きたくなってしまいます。この中にいると、頭の中が空っぽになり、なんだか心が安らぎ、幸せな穏やかな気分になれます。大いなる母なる自然に抱かれた気持ちになります。
左に紹介する本の中でマタギの人の目から見た白神が書かれていますが、大変興味深くいかに自然と共生していくか、考えさせられます。
今回の植物観察のガイドをして頂いた牧田先生は元弘前大学農学生命科学部教授で、この本の著者のお一人でもあります。

白神を知り尽くした3人の学者に寄って書かれた本をご紹介いたします。
「世界遺産白神山地の意味を探る」白神山地に魅せられた3人のフィールド・サイエンティストが空撮と踏査で得られた豊富な写真を鼎談による野外調査の再現で、白神の姿を論考する。

と紹介されているこの本は、実に読み応えのあるアカデミックな素晴らしい本です。






十二湖(青池)


十二湖は十二湖に詳しいガイドの原田氏に話を伺いながら散策することが出来ました。原田氏は特に野鳥に詳しく鳴き声を聞きながら、今鳴いている鳥は・・・と説明して頂きました。野鳥に関してはまったく知識が無い私ですが、初めて聞く鳥の名前にむしろ新鮮な思いで話を伺うことができました。

それにしても十二湖の水面は例年より2メートルも水位が下がっているようでこれも温暖化のせいで雪が少ないせいでしょうか。

青池の青さの不思議は一つにはこの池だけが水が湧いていて植物プランクトンがいないことや光の屈折などいくつかの理由があるそうです。

今現在数えられる湖は40湖あるそうです。短時間では全部は回り切れませんが、青池以外にもたくさん美しい池に出会う事ができました。もっともっと時間をたっぷりかけて散策したい所の一つです。

鶏頭場の池

青池

十二湖

金山の池

ガイドの原田氏

十二湖

十二湖

十二湖

十二湖

マザーツリーより太いブナの木

十二湖

十二湖

サルメンエビネ

十二湖

日本キャニオンの裾

日本キャニオン


その他の景色

行合岬

黄金岬

黄金岬

五能線

ページトップへ