沖縄のたび
ホームフォトウォーク>沖縄のたび 前ページ次ページ

首里城



Link [日本にあるユネスコ世界遺産] 「平和がいちばんより」
(ご自分の足で歩かれ、日本の全ての世界遺産について記述されている素敵なサイトです)




84歳になる母の希望で娘も一緒に三世代で沖縄旅行に出掛けました。世界遺産がたくさん点在する沖縄ですから、やはり一度は訪れたいと以前から思っておりました。
太平洋戦争で唯一日本の地上戦になった沖縄南部には多くの戦いの傷跡が残っております。軍人よりも民間人が大勢犠牲になった沖縄戦、当時小学生だった方が語り部として「ひめゆり平和祈念資料館」で戦争の凄まじい様子を話してくれました。戦争がいかに残忍な事か実体験をした人でしか知りえない話は戦争を知らない若い世代の人達を釘付けにしていました。

首里城


首里城


玉座



玉座

守礼の門



城壁

瑞泉門

ページトップへ






園比屋武御嶽石門
(そのひやんうたきいしもん)

園比屋武御嶽石門

園比屋武御嶽石門





金城町の石畳

石畳

石畳

石畳

石畳








玉陵(たまうどぅん)

 玉陵は尚円王の遺骨を改葬するために1501年に築かれた墓です。墓室は3つに分かれ限られた家族が葬られています。

玉陵

玉陵

玉陵

玉陵

ページトップへ







 
識名園


 琉球王家最大の別邸で国王一家の保養や外国使節の接待に利用されたところです。外国からの使節団に狭い土地を大きく見せる工夫が随所になされた庭園だそうです。

識名園

識名園

識名園

識名園








琉球村


琉球村には沖縄各地より移転された築80年から古いもので200年の民家があり、それぞれの民家でお茶を飲んだり、沖縄三味線や紅型琉球藍染が体験できるようになっていました。この場所は時間がゆったり流れ昔にタイムスリップしてのどかでした。

琉球村

琉球村

琉球村

琉球村

琉球村

琉球村

琉球村

琉球村

ページトップへ









沖縄の風景と植物


珊瑚や貝から作られた白い砂浜は海の色をエメラルドグリーンに見せてくれます。遠く色が濃くなっているところには珊瑚やのりがあるところだそうです。とにかく青から緑のグラデーションの美しい海の色は沖縄でしか見ることの出来ない色です。太陽の輝きと海が共鳴しあって作り出す色のハーモニーです。

伊計島の海

伊計島の海
伊計島の海

万座毛

万座毛

名護の海

ページトップへ







30万年の年月が創り上げた大自然の美しい彫刻博物館というキャッチフレーズに心を奪われて見学に行ってきました。5k以上ある鍾乳洞の中800m程散策する事ができます。鍾乳洞の中は湿度99%で蒸し暑かったですが、まるで槍が迫ってくるような2万本の鍾乳石は美しく迫力満点でした。

玉泉洞

玉泉洞

玉泉洞

玉泉洞

玉泉洞

玉泉洞








 幹の節の数で年輪が分かる真っ直ぐに伸びるユスラヤシや名は体を表すトックリヤシなど南国の珍しい植物を見ることができました。琉球染めの黄色の染料が採れるフクギは防風林として昔から民家の周りに植えてあります。本州では桜は南から北上して開花していきますが、沖縄のヒカン桜は沖縄北から南に開花していくそうです。


フクギ


ユスラヤシ


ヒカンザクラ

サイハイディゴとオオゴマダラ

コンゲア・トメントーサ

タコノ

バナナの花

サトウキビ







沖縄舞踊 (若い人たちが真剣に舞う姿は力強く、時には優雅に、見る側も引き込まれてしまいます)

獅子舞

エイサー

四つ竹

ページトップへ