奥多摩むかし道
ホームフォトウォーク>奥多摩むかし道 前ページ次ページ

奥多摩の杉林


冬の穏やかな暖かい日、植物画の仲間と共に「奥多摩むかし道」を散策しました。
これは昔の青梅街道で山の中腹と多摩川の渓流沿いにある道です。
奥多摩駅から奥多摩湖までは約9kあり、のんびり景色を見ながら4時間〜5時間の行程で歩く事が出来ます。人がやっと通る事ができる狭い道のために馬が谷へ落ちたのを供養する塔や道祖神、耳神様など、昔を忍ぶ物がひっそりと点在し、見過ごしてしまいそうです。
小河内ダム近く2箇所道幅も狭く急な上り坂があり、ちょっと息が上がってしまう所がありましたたがそれ以外は歩きやすいコースでした。

冬は木の葉が落ちているので他の季節には見られない風景を見る事が出来き、バードウォッチングには良い季節のようです。



馬の水飲み場
馬の水飲み場

湧き水




民家
民家
青目立不動堂
青目立不動堂

つり橋

つり橋

多摩川上流

多摩川上流

昔道

山道


小河内

ページトップへ