ゴシサイズドイタリック体
ホームカリグラフィー>ゴシサイズドイタリック体 前ページ次ページ
ゴシサイズドイタリック体はエドワード・ジョンストンによって作られた書体でゴシック体とイタリック体がミックスされた書体です。最初この書体を見た時には古い書体かと思っていましたが、これは20世紀に入ってから作られた新しい書体と言われ驚きました。古典的な中にもイタリック体のエレガントさがある好きな書体の1つです。
エドワード・ジョンストン(Edward Johnston)1872-1944はイギリスの工芸家であり、(書体デザイナー)タイポグラファーです。長い歴史があるカリグラフィーを掘り下げ、まとめあげていきました。また新しい書体を考案しています。ゴシサイズドイタリック体以外にカロリン体とウインチェスター体をベースにファンデーショナル体を考案しています。また1916年ロンドンの地下鉄で駅名や表示などを認識しやすい書体を作り上げました。









何事にも時があり、天の下の出来事には全て定められた時がある。生まれた時死ぬ時、植える時植えたものを抜く時、殺す時癒す時、破壊する時建てる時、泣く時笑う時、嘆く時踊る時、石を放つ時石を集める時、求める時失う時、裂く時縫う時、愛する時にくむ時、戦いの時平和の時
    コヘレトの言葉
     1章 1〜8節
    (旧約聖書より)
 


特に制約の無い飾り絵で良い
 







ゴシサイズイタリック体一口メモ




[penangle:45°X-height:5 ]


variation
新しい書体とあってゴシック体的なアレンジやイタリック体的なアレンジなど自由にできます。
そのような点では他の古い書体とは異なり制約が少なく、全体的なバランスを考えながら自由にアレンジして楽しむ事ができます。文の傾斜も0°〜15°まで自由に書いて良いとのことです。




小文字

大文字




ページトップ