ホーム アートギャラリー ボタニカルアート フォトギャラリー フォトウォーク はな・花・華 やまとの彩
ボタニカルアート
時として写真よりもリアリーティーを感じさせる細密画
「Botanical」は植物学の、ARTは美術(画)と言う意味です。つまり植物学的な美術画ということで、植物のありのままの姿を植物学的な見地から何の誇張もまじえずに、正確、細密に描きあらわしながら、芸術性を併せ持った絵画と言う事になります。近代科学が発達する前のヨーロッパで本草学(薬物を研究する学問)で薬のほとんどが植物だったため、正確に描写された植物図が求められたのがボタニカルアートが生まれ発達した背景にあります。
2001年の6月から習い始めました。色に対する素敵な感性をお持ちになられているボタニカルの福田竹代先生のご指導のもとに、花々を細かく観察し、新たな発見をし生活がより豊かになっております。



新しい作品 2013,06/01


フキ
キク科

ギボシ
ユリ科














オモチャカボチャ
ウリ科

ソメイヨシノ(紅葉)
バラ科

バラ
バラ科

ページトップに戻る



ジャーマンアイリス
アヤメ科

ヤエザクラ(虫喰い葉)
バラ科

ネコヤナギ
ヤナギ科


オニユリ
ユリ科

ヤブツバキ
ツバキ科

トウガラシ
ナス科


アマリリス
ヒガンバナ科

ブドウ(ロザリオ)
ブドウ科

シブガキ
カキノキ科

ページトップに戻る




イチジク
クワ科

ショカッサイ
アブラナ科

ハクモクレン
モクレン科


キョウホウ
ブドウ科

ニンニク
ネギ科

レッドペア
バラ科


カラー
サトイモ科

ジギタリス
オオバコ科

インドハマユウ
ヒガンバナ科

ページトップに戻る




キャベツ
アブラナ科

レッドオニオン
ユリ科

キレハノブドウ
ブドウ科


ジキタリスとハチ
ゴマノハグサ科

ガマ
ガマ科

ハス
ハス科

ラディッシュ
アブラナ科

トケイソウ
トケイソウ科

ゼンマイ
ゼンマイ科

ページトップに戻る




アジサイ
ユキノシタ科

ノブドウ
ブドウ科

アオツヅラフジ
ツヅラフジ科

ヒロハカラタチゴケ
サルオガセ科

コフキヤマヒコノリ
サルオガセ科

禅寺丸
カキノキ科


ハスの実
ハス科

オリエンタルリリー
ユリ科

コナラの実生
ブナ科

ページトップに戻る




アオギリ(果皮)
アオギリ科

コナラの実生
ブナ科

オオムラサキ
ツツジ科

ブナ
ブナ科

ダイオウショウ
マツ科

ダイオウショウ
マツ科

エビヅル
ブドウ科

スギゴケ
スギゴケ科

ヒヤシンス
ユリ科

ページトップに戻る





ヒメユズ
ミカン科

乙女椿
ツバキ科

ネギ
ユリ科(ユリ属)

ホテイアオイ
ミズアオイ科

アネモネ
キンポウゲ科

ブラックベリー
バラ科

テッポウユリ&キアゲハ
ユリ科

トウモロコシ
イネ科

コールラビ
アブラナ科

ページトップに戻る





春の草花


クマシデ
カバノキ科

ヒメリンゴ
バラ科

エノコログサ
イネ科

コブシ
モクレン科

サネガズラ
モクレン科

アケボノ
 ツツジ科

キョホウ
ブドウ科

セントポーリア
  イワタバコ科

ページトップに戻る





シクラメン
サクラソウ科

ククリスマスローズ
キンポウゲ科

ノブドウ
ブドウ科

クリスマスホーリー
モチノキ科

カラスウリ
ウリ科

ノギク
キク科

インドハマユウ
ヒガンバナ科

カイジ
ブドウ科

クマシデ
カバノキ科

ページトップに戻る





ホウズキ
ナス科

パンジー
スミレ科

ケイトウ
ヒユ科

ハコネウツギ
スイカズラ科

チューリップ
ユリ科
ドクダミ
ドクダミ科

ナノハナ
アブラナ科

モクレン
モクレン科

ノウセンカズラ
ノウセンカズラ科

ページトップに戻る